このページは18歳未満の閲覧を禁止しています。
物語は全てフィクションです。登場人物、その他名称は実在するものと一切関係ありません。

メイン画像

取扱い店舗一覧

【 ダウンロード版 】

【 パッケージ版 】

更新履歴

2016.10.31
「お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~」 パッケージ版『ver1.01』に更新
2016.10.21
「お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~」 パッケージ版発売
2016.08.03
「お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~」 ダウンロード版発売
2016.07.27
「お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~」 情報公開
2016.07.21
「お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~」 ティザーサイト公開

ストーリー

ストーリー

キャラクター

サンプルCG

[沙月]「……本当、最低ね。親なら、娘が本当に愛する人と結ばれたことを喜ぶのが当然でしょう、んふっ、はぁ、ほら……よく見なさいよ」
[沙月]「オマンコが自然に締まって、オチンポを美味しそうにしゃぶってしまう……それくらい、私はこの人を愛しているのよ。はふっ、はぁ、んんっ!」
波打つ肉壁に幹胴をしごかれ、俺もあっという間に達してしまいそうな激しい快感を味わえている。
[沙月]「はふっ、んぁっ、はぁはぁ……あなたもそろそろイキそうなのね。」
[貴弘]「ああ、もう限界だな。くくっ……お前も、親御さんや元婚約者の前で、派手にイッて見せろよ」
沙月をそう煽りつつ、俺は射精に向けて腰使いを早めていく。
グチュグチュと盛大に水音を響かせ、既に孕んで重たくなっている子宮を持ち上げるように奥を打つ。
[沙月]「ええ……んくっ、はぁ、はふっ!! よく見ていなさい……私が今、どれだけ幸せか、満たされているか。くううっ、はぁ、イイッ……ああっ」
愛しい婚約者に純潔を捧げられる。その幸せに頬を熱く火照らせるクリスの穴口へ、限界まで勃起したペニスの先を押しつけた。
[クリス]「はひっ、んんんん!! いっ、たぁ……あぐっ、ああああっ」
[貴弘]「さすがにきついな。でも、遠慮はしないぜ。このまま根元までぶち込んでやる……くっ!!」
[クリス]「は、はい、大丈夫ですわ、ジェシス様ぁっ、どうぞこのままっ、このままわたくしの一番奥まで……くっ、んくうううっ」
遠慮なく腰を突き出している俺の言葉すら、今のクリスには自分を気づかってくれる、婚約者の優しい言葉に聞こえている。
破瓜の痛みに耐えて肩を震わせるクリスへ覆い被さるようにして、窮屈な膣壺の奥まで肉竿を突き立てた。
[貴弘]「僕のチンポが根元までちゃんと入った……僕のために処女を守ってくれていたクリスのオマンコ、いっぱいにしてあげているよ」
[クリス]「このまま、もっと……もっとしてください。わたくしも、ジェシス様のことをもっと感じたい……」
※画像は全て開発中のものです。

スペック


OS Windows Vista/7/8/10
CPU Intel Celeron / PentiumIII 2GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD 700MB
DirectX 8.0以降
グラフィック 1024×768 フルカラー
サウンド DirectDraw8.0以降のもの
タイトル お嬢様催眠~高貴な少女たちを好きなだけ調教しよう~
発売日 [ダウンロード版] 2016年08月03日
[ パッケージ版 ] 2016年10月21日
原画 長頼
シナリオ 遊真一希
価格 [ダウンロード版] 1,800円(+税)
[ パッケージ版 ] オープン価格
©Dieselmine All Right Reserved.