[ローゼ]「はううっ! なっ。あぁ、ふぐっ。そ……うああぁぁっ! んんっ。だ、ああっ!!」
 思った通りローゼは痛みの中でもしっかり感じて艶めいた声を漏らす。
[ローゼ](屈辱……なのにっ。どうして、こんな……あぁ、ぐっ……うううっ!!)
 唇を噛みしめ、火が付くほど顔を真っ赤にしているのがどうにもエロい。
[俺]「なんかよぉ。テメェの思惑どおりになっちまってるなぁ」
 ピストンの勢いを早めながら耳元にささやく。
[ローゼ]「あっ! ぐっ。うあぁ。思惑? どおり……ど、いう……くあぁぁっ!!」
[俺]「前は入れさせず、後ろでチンポを咥えてよぉ、感じまくって……いいよなぁ」
 感じている。そのことをハッキリわからせるため、尻穴をカリ首でビチビチと弾いてやる。
[ローゼ]「おああああぁぁっ! あ、が、そ……れは……んぐっ……ごか……いっ……」
 悩ましい声で身悶え、ビクビクと身体を痙攣させる。
[俺]「イキながら誤解って言われてもなぁ。説得力ないぜ。まぁ、いいけどよぉ」
 前触れなく更に腰使いを激しくすると、そこからローゼは一方的に感じまくった。
[ローゼ]「くふあぁ、あがっ。おおぉ、そんなっ……あ、ぐっ。もう。ああぁ、んああぁぁぁぁっっ!!」